菱光リフトブログ
blog

ホーム > 菱光リフトブログ > カヌーワイルドウォーター世界選手権に挑戦  レース本番編

カヌーワイルドウォーター世界選手権に挑戦  レース本番編

2022/06/13

お疲れ様です。盛岡営業所の齋藤です。
前回のトレーニング編を経ていよいよ4日間の試合が始まります!
世界トップクラスの激流にどう挑むのか!?
その前に、オープニングセレモニーの様子です。
街をあげての一大イベントということもあり、大いに盛り上がりました。
トレニャックは以前ツールドフランスのステージになったこともあるそうなのですが、今大会はその時を凌ぐほどの大きなイベントとなるそうです。
各国の代表が騎手を先頭に街をねり歩き、広場へ入場します。
出場国の国旗がステージ上に集まりいよいよ開会です。日本の国旗はセンターにありました。
今回主催となる国際カヌー連盟旗も掲揚となります。
最後に入場を先導してくれた、地元の子供たちとパシャリ、とってもかわいい子供たちでした。
開会式はリラックスモードでしたが、レースが始まると一気に緊張感が増します。
ここからがレースの様子です。
スタート前、係員にカヌーや備品のチェックを受けます。
私の前でカヌーに乗り込んでいる選手は昨年の東京オリンピックでカヌースプリント競技で金メダルを獲得したドイツの選手です。世界のトップアスリートと同じレースを漕ぐことができたのは感慨深いですね!
それでは、行ってきます!やったるぞー!!
実は緊張をしてますがポーズで隠してます笑
個人のレースでは1人ずつスタートしタイムにより着順が決まります。
荒波に揉まれ、岩などをかわし漕ぎ進めます。
時には、カヌーで飛びそうにもなります!
パワーもテクニックも必要な高難易度なコースに心身ともに削られます。しかし、ゴール前は力を絞り出しました。そして、なんとかゴール!本当にヘロヘロになりました~。。。
レース終了後は結果以前に無事にゴールできたと言うことに対しての安堵感が大きかったです。
それほど今までの自分にとっては大きなリスクを取った挑戦だったのだと思います。
今大会では個人のカヤックシングルと3人1組で漕ぐチームレースに出場しました。
主な結果は下記の通りです。
・男子カヤックルスプリント→予選落総合51位
・男子カヤックチームレース→11位
想像はしていましたが選手もコースも世界のレベルは凄まじかったです。これが本当の「ワイルドウォーターなんだなぁ」と感じ、今回それを体感できたことは自分にとって大きな財産になりました
何よりケガがなく競技会を終えられたことは本当に良かったです。
今回、世界選手権への挑戦をご理解いただき応援いただいた皆様本当にありがとうございました!
日本に戻ってからも仕事の傍ら競技を継続していきますので、引き続き応援いただいたけたら幸甚です。
本日はここまで、最後まで読んでいただきありがとうございました。

Copyright © 菱光リフト東北株式会社 Co.,Ltd ALL Right Reserverd.